スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



弟嫁とマサ子の仁義なき戦い~戦いの火蓋

マチの実弟には嫁ちゃんがいます。

嫁ちゃんのエピソードは一度書いたけれど
覚えていない方は

http://blog84.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=176


↑洗濯機を消毒した人(笑)



うちは

私→マサ子→弟の順で産まれました。

マサ子は実妹で 
http://wonderfulhouse.blog84.fc2.com/blog-entry-179.html
↑こんな人


弟の嫁ちゃんは年上女房で

丁度私とマサ子の間の年頃です。


要するに、マサ子は年下やけれど 世間的には義姉さん。



マサ子は、はじめからこの嫁ちゃんを大変毛嫌いしておりました。

マサ子は、仲良くしようと努力はしたのです。
もともと面倒見がいいのが取り柄なのでね...

しかし....

お嫁ちゃまはやってしまったのですね。


弟夫婦が結婚して初めての引っ越しの時でした。
お嫁さんの方の実家は、家を開けられない仕事をしているのでね
何でも、私の実家が手伝う事にしています。
それは、彼女が望んでいることなので、それでいいのですがね
引っ越しの手伝いに、マサ子夫婦は3時間かけて
わざわざ行ったのですよ。

そのマサ子に向かって

お嫁様の一言





いちいち来なくても良かったのに~







96968663.jpg

ちょっと汗を拭いてもいいですか.....




お...おそろしい。 マサ子に対してこのセリフ.....




いちいちて.....!!??


”いちいち””わざわざ” ではだいぶ意味が違ってくるよね...

わざわざ来なくてよかったのに。でも、身内以外に言われるとちょっとキツイイメージよね。

それが、いちいち来なくてもって言われたら、正直ダメージ半端ないよね。


私は、言葉の使い方を間違えただけちゃう? と言ってみたが
その場にいた誰もが、嫁ちゃんにハッキリとした悪意を感じたと言う。
マサ子は、お姉ちゃんはその場にいなかったのだからわからないよ。と言った。
後に、この出来事を弟、両親、マサ子の旦那からも私は聞いた。
ハッキリと物を言う子だとは思っていたけれど...
う~みゅ。真意はよくわからぬが、不器用な人と見える。


ざっくりと、どんな人かと言えば【疑問な行動】

1.仕事と介護と家事でクタクタの母を一切手伝わなかったばかりか
 孫の世話も一日中させていた。母は、何故か孫を背負って
 仕事をしていたという【これは後に詳細を記事に】

2.普段、孫を母に預けているにも関わらず
  例えば、来客や法事などで自分が動かなければならない時になると
  途端に、子供を寝かしつけないとならないやら様々な理由を付けて
  逃げる。もしくは、具合が悪くなる



他にも色々あったが、覚えていない。
何しろ、私は嫁ちゃんに滅多にお会いできる機会がないので
実際にそのような場面は、マサ子の口からの情報になる。
母は、悪口を言わないのでねえ...

私も実際に見て、聞いたのはこの2つなのね。


で、長所は

1.私が、いつ帰っても笑顔で迎えてくれた。

2.両親と同居してくれた。

3.大事な弟の嫁ちゃん



かなあ。


 


マサ子は、基本気前もいいし人に対して尽くす人間ですが
人を嫌いになったら最後です。
絶対に見直すことはございません。
昔あった小さな出来事も、つぶさに記憶しており
突然、その出来事を思い出して 不機嫌になってしまうややこしい子です。






モンスターマサ子:タイプ毒 は、嫁ちゃんを敵とみなした。


masakonome.jpg



舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



スポンサーサイト

弟嫁とマサ子の仁義なき戦い~同居の実態1

その引っ越しからほどなくして

弟夫婦が、うちの両親に同居を申し出ました。

理由は、経済的事情から。



母は断ったのですが、結局 了承せざるを得なかったのでしょうね。


そこからの生活は、大変なものだったと思います。



ただでさえ、一日数万円の治療費を捻出しているのに
食費は倍以上にかさむ、衣服まで、母の買物かごにすべて
放りこまれる、もしくは買って来たものの料金を請求する
母の財布を持ち出して、買物をしてくる、状態だったようです。


せめて、母の仕事を手伝う、それが嫌ならば
家事を手伝うということもできたのに

朝から晩まで、家事の全ては母だったばかりか
産まれたばかりの子供の世話も、父や母に任せることが多かったようです。



当初、両親は 困っている時には助けてあげなければいけないと
気持ちよく、全てを引き受けて文句のひとつも言わなかったようです。

しかし、弟は ニートではなくきちんと社会的にも名の知れた企業に
就職しています。
うちの旦那よりも、随分稼いでいるはずだし、ボーナスもきちんと出るような会社。


お小遣いをもらえないらしく、いつも財布には数百円。



お金は、一体どこへ消えているの!?

何が困っているの?





マサ子は、この点を疑問に思い
弟に言ったようですが、弟はお金の管理は嫁に任せているとかなんとかで


私が、2週間帰省した時にも

この家族の奇妙な面は目撃しました。


ちょうど、マチの子供が小学校の特別支援学級に入学する前で
両親に子供のハンデを隠し通すか、きちんと話してみるか
考えた結果、きちんと伝えることにしたマチは
同居している所に、大変申し訳ないけれど、今回だけ長めに
帰省させてくださいと、弟夫婦の了承を得て
帰りました。

その時に、お嫁ちゃんは 笑顔で迎えてくれて
マチがいる間は、嫌な顔ひとつ見せませんでした。



でもね、確かに何もしませんでした。
マチが行った14日間の3分の2くらいは嫁ちゃん、朝から晩まで実家に帰り
晩御飯が出来あがるころに帰ってきて、母に子供をお風呂に入れてもらい
弟が帰ってきても、食事の準備は母がしていて
嫁ちゃんは、いつもこんな感じで寝てしまうとの話。

驚いたのは

座っているのもやっとの父の膝に


はい、じいじ!!と、

子供を乗せて自分はさっさと2階に上がってしまう。


何時間も降りてこないのはなぜ?

泣き出して、どうしようもなくなって父や母が呼ぶと
仕方なく降りて来る様子。


両親は、文句を言わないから
私も余計なことは言わずに、黙っていたけれど

とても心配だった。


何かを言おうと母にそれとなく 切り出すと


「あなたは、出て行った人間なのだから
こちらの生活には、口出ししないようにね。
こちらは、こちらで生活があるのだから
ややこしいことをしないでね」


そう言われてしまった。





舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



弟嫁とマサ子の仁義なき戦い~同居の実態2

子供もある程度大きくなると

ますます母の負担は増えた。


いつしか2人に増えた孫をてんやわんやで母は育てていたが

とにかく、嫁ちゃんはマニュアル通りの子育てをするようだ。


自分では、動かずほとんど母にさせるくせに
おやつをあげようとすると、おやつを取り上げて投げ捨てる。
散歩に行きたいと言う子供の要望を叶えるために、母はわざわざ仕事の手を止め
外に連れ出そうとしていると
嫁ちゃんが2Fから、駆け下りてきて


子供の名前を大声で呼び

「今から昼寝をしないとらなないのに、どうして外に行くの!!」


と、母の目の前で、子供にいきなり平手打ちをするなどの当てつけ行動。



母は、自分のせいで孫が怒られてしまうことをとても気にして
相当気を遣っていたし、おやつもお嫁ちゃんが食べさせている自然食品の
ようなものしかあげていなかった。

私や、マサ子の子供が帰省すると
普通に、アイスクリームやクッキーを食べるけれど

弟の子供だけは、アレルギーもないのに
芋や、ドライフルーツや昆布しか食べれない。

私たちも、お菓子やジュースを目の前で食べることを
子供達に禁止をせざるを得なかった。
母が後で、当たられたら気の毒だと思ったからだ。


母が、手に大けがをした時も
母は、包帯の上をビニール袋で覆い 家事をしたが
一切、家事を手伝ってはくれず
病床の父が、水仕事を手伝ったという。
そして、必ず 決まった時間になると

おかあさん、お風呂の時間ですよ!


と呼ばれ、孫2人をお風呂に入れていたという。



テレビの音がうるさいと言われ
両親は、イヤホンでテレビを観ていた。

同居はいつしか破綻。

きっかけは、やはり当てつけのように
アイスクリームを食べた孫を両親の目の前で殴った時に
父が、我慢できずに母をかばい
お願いですから出て行って下さいと懇願したという。


自分がお嫁さんを大切にすることで
マチや、マサ子も、義両親から大切にしてもらえるからね。
そう思ったら、お母さんお嫁ちゃんが可愛いのよ♪



その一心で愚痴の一つも言わず、頑張ってきた母...







これは、父の死後 母が自ら語ったこと。




なぜ?黙っていたのに
今、この話を母がしたかって?

父が亡くなってすぐに、家を建て直して
同居したいと、弟夫婦がお願いしてきたわけです。


もちろん、母は断りました。

でも、あと何回かお願いされたら断れないわね。と母は言っていた。







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。




全記事表示リンク


タイトル見れば
記事の内容は一目瞭然。

どうぞ、どうぞ、
怖いもの見たさで覗いてみます?


こちらから、どうぞ~!!

全ての記事を表示する





プロフィール


マチ


書いてる人→マチ

★主な登場人物★

義母→たか子
義父→由夫(自由な夫でヨシ夫)
長女
次女
旦那
post.gif メール現在不通








blogram投票ボタン


読者さんのよく行くサイト
あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - うちのいえ

track feed うちのいえ



検索フォーム

RSSリンクの表示

ユーザータグ

うちのいえにようこそです
初めてお越しくださった方は
コチラをご覧いただけると嬉しいです。↓

さいとぽりし~のようなもの

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
リンク
表示はランダムです。
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
月別アーカイブ
素材リンク
当サイトで使用している画像 とイラストはこちらでお借りしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。