スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



私は人間のクズ

営業さんと、ローンの申請について話していた時のこと。

うちの旦那は、現職に就いて三ヶ月.....
しかも転職歴、もう正確には言えないくらい。
結婚して10数年、まともにボーナスをもらったことがない
くらいの頻度である。


まあ、恐らく大丈夫だとは思いますよ。


eigyouman2.jpg



口座から落とされる光熱費なんかは、滞ったことはないですよね?





eigyou22.gif



ないですよね?











aruyo.jpg



あるよ!!(キッパリ)







いやいや、これは大袈裟よ。
こんなにふてぶてしく言ってないわさ。

でも、過去にはあったのよ。

引き落としが出来なくて、翌月にってやつ。


しかも、何度も!!






営業のTさん.....

ああ....それは、まずいかもしれませんねぇ.......




義父母が、ここぞとばかりに乱入!!






あ~たっっ!! んもうっっ!!

ナニやってんのよっ!! もう!!





人間として

一番やったらあかんことやろっっっ!!!







私は、頭をうなだれるばかり.....

すみません。



2,3日経って あの義母の捨て台詞は
おかしいことに気がついた私.....(遅.....)



威張れることではないけれど.....
確かに、立派な大人とは言えないけれど
どうにもならない月が、この10数年の間に
何度もあったのですよ。
あなたの息子が、何度も何度も転職したからねっ!


人間として、やったらいけないことナンバーワンは
生活費の引き落としができなかったことだそうです。
私は、いつか収監されるかもしれませぬ。



しかし、元銀行員の友人は

そんなん大丈夫やで~!
その営業マンやな感じ~。そんなこと言わんでいいのに....
絶対に組めるから、安心しておきな。

ええ、友人の言うとおり無事に組めました。







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



スポンサーサイト

【theme : マイホーム
【genre : ライフ

義母に塩をまかれた私

今日は、私が塩をかけられた話。




決戦の日曜日まで、あとわずか。

恐らく次の日曜の話し合いで決まる。

同居か、決別か。


無茶苦茶なことを言うなら、即決別。

と、旦那は言っている。




ところで、私は この義母と1度だけしか喧嘩をしたことがない。
.....正確に言うと、喧嘩をしたのは旦那で、私は直接喧嘩をしていない。
なので、私は結婚して十数年、彼女に口ごたえの一つもしたことが
なたったのだ。 意外だ。


でも 


私は、彼女に塩をかけられ

義父に、2度と家の敷居を跨ぐな!!



と、言われたことがあるのだ。



あれは、数年前のことだ。



長女が幼稚園の頃、義母の家の仏壇の下から
手紙の束を出してきた。
可愛い封筒に目を惹かれたのだろう。


おばあちゃん、これ可愛い!!
ちょうだい!!



と無邪気にお願いした。



その時の、義母の驚きようは
まるでホラー映画だった。




返しなさい!! 返しなさーーーーいっ!!


笑いながら必死に逃げる長女

死に物狂いで追いかける義母


義母の様子があまりにも異常だったのと
人のものを出してきて、逃げ回るのは良くないと
私は、すぐに長女を捕まえて、手紙を取り上げた。



すると、義母が 私に襲い掛かってきた!!


だめえええええええええ!!!


血走った目で、私から手紙の束を取り返す義母。

しかし、私は気がついていた。





それは、独身時代 

私が、旦那宛に送っていた手紙だったからだ。




269246769_0936ef93e0_m.jpg





おっと、仕事に行く時間だ。

この話は続きます。









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

義母に塩をまかれる 2

罰が悪そうに上目遣いでこちらを見る義母に


どうしてこれをお義母さんが持っているのですか?


と、聞いてみた。 当然の質問である。




何でって.......孫が大きくなったら見せてやろうと思うて.....


それは困ります。 返していただけますか?




・・・・・無理やで!!







はぁぁぁぁぁ?????





いやいやいやいやいや・・・・・・・・・・・ いやいやいや・・・・・・・・・・・・・



意味わからんしっっ!!




あれ、ちょっと待てよ・・・・・聞き間違い?



お義母さん、この手紙は私の書いたもので、主人に宛てた物ですので

持って帰ります・・・・・・・・・ね?




これは返されへん!!
○ちゃん(長女の名前)


これ、元にあった所へ戻してきて!!







よくわからないが、人生でこのような場面に遭遇することは
あまりない。 当然、混乱した私は
何が常識で、何が非常識で、義母が正しいのか、私が正しいのか
すっかりわからなくなっていた。


仕方がないので、諦めて帰った私。

そして その1年後にこの事件は 私達家族はじまって以来の大事件に
発展してしまうのだ。




友人との会話中、ふとこの出来事を思い出し
私の書いた手紙がなぜか義母の手に渡っているといった話をした。
友人はたいそう驚き、その手紙をなぜ取り返さないのだと言った。

その辺りの話は、省略。


とにかく私は、1年後になって主人に手紙のことを話した。


怒った主人は、手紙を取り戻しに行くと、その週末に実家へ向かった。
ちょうど、義妹が出産で帰省していたので日を改めたほうが.....と
提案したが、主人は 自分のものを返してもらうのに
後ろめたいことはない!と出かけていった。
もちろん私も一緒である。


挨拶もそこそこに、主人は

おかん、手紙を返せ!


と、怒鳴るように言った。




義母は、知らないふりでごまかそうとしていた。

そして、号泣しながら義父を呼び

自分がなぜ、こんなに惨めな思いをしなければならないのかを

訴えた。




私は、その時 この人は 本当に狂っているのかもしれないと思った。


以前から、人がお金に見えるとか、これをしてもらうために
あれをしてあげるねん とか
人を人と思っていない部分に気がついてはいたが
義母の場合は、我が子に対してもそうだった。
主人も、その姉も 哺乳瓶の口を鋏で切られ
早く飲めとばかりにガボガボと流し込まれていたとか
色んなエピソードがある。

おそらく、この人間は 自分のことしか頭にないのだと
確信した。



シラをきり通し、私を嘘つきよばわりして罵っていた彼女も
うちの長女が例の手紙の束を
出してきたので、物的証拠を突きつけられた形になった。



つづく





舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

義母に塩をまかれる 完結編

絶体絶命の状況........もう逃げられないと悟ったやいなや

今度は、泣き落としである。




お嫁様~~~~~!!

お嫁様~~~~~!!


私がわるうございました。 どうかどうか許してください!!



と、土下座をし始めてしまった。

私の足を掴み揺さぶる。



完全に、私が泣かせてしまっている図の

完成である。




話は、少しだけ前に戻る。


私たちが 実家に着いた時には
帰省中の義姉と、義父もいた。

事件を短く整理しよう。


私と義父母、義姉も含めて揉め事は何一つなかった。
特に義姉とは友達のように仲良くしていた。
もともと犬猿の仲だったとか、その事件の前に
何か感情的なトラブルに発展してしまうような出来事はなかった。

自分達の返して欲しいと思うのは当然であり
しかも、私は それを見つけた時から 一切感情的にはなっていない。
従って、強い口調で なじるようなこともしていない。


なぜ、向こうが感情的になり


この辱しめをどうしてくれるの??

みたいなことになるのかが、どうしてもどうしても
理解することができないのだった。



そして 理解不能だったことがもうひとつ。



確かに、旦那は強い口調で乗り込んで行った。
でも、それは家族として恥ずかしいという思いが強かったからだ。
自分の母親のそんな行動を彼は心から、恥ずかしいと感じていた。

当然 この成り行きからすれば
義父や、義姉も みんなの前で義母を追い詰めたり
責めるようなことはしないにせよ、手紙を返すように促すのは当然だと
私は思っていた。

だから主人も、義父に向かって

親父からも言ってくれ.....喧嘩するつもりはないんや。
ただ返してくれたらええねん




と、言った。



しかし、義父の言葉は お前ら帰れ!うるさいっ!

であった。



またしても 私の脳内は大混乱。





そこに追い討ちをかけるように 義姉の右フックが炸裂!!



あんたら、親に向かってそんなこと言って乗り込んでくるような真似して

恥ずかしくないんかっ!?


2人がかりでお母さん泣かせて何が楽しいねん!

これじゃ、安心して嫁にも行けんわ。

あんたらみたいのに、任せられん!!

ほんま、アホやろ? なぁ。。。。自分アホやろ?





お前が言うな! 多くは語らずともこの一言で済む。

私は、お義母さんとの関係は良い方だと思っていたし
何より、お義母さんの悪口など旦那にさえ言ったことがなかった。
嫁ぐやいなや、対して接点もない姑さんの悪口を言っている
お前と、一緒にするな!! と言いたい。


仲良くしていただけに、これは衝撃だった。



頼りにしていた義父のセリフ、義姉にまでこんな仕打ちを受けてしまった
旦那は、切れた。




この家の人間がここまで腐ってるとは思わなかった!


と旦那は言い放ち



義父が、もう2度と敷居を跨ぐことを許さないと吠えた。



出て行った私たちの頭上からは

なぜかしょっぱい結晶が降り注ぐ。


季節はずれの雪か.....?

それとも、ヒョウなのか.....?


それが、塩だと それがソルトだとわかるのには
(ルー大柴か!?)

それほど時間はかからなかった...。



後日、手紙は帰って来た。


ここで、戦慄の事実が発覚した。




旦那は、手紙を読んでいなかった。


そう。独身時代にせっせと 私が送っていた手紙は
すべて、義母の手によってかすめ取られていたのだ。

読んだ覚えがないという旦那の証言


綺麗にはさみで封を開けられていたこと


それは、確実に証明された。



にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ
にほんブログ村


2世帯住宅ランキングに登録しています。
すごい!いいネタ聞かせてもらったわ!などなど
思いのたけを バナーにぶつけてくださると
嬉しいです。












舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

ワイはひな壇芸人や....


今日の打ち合わせ。


義母が1つだけ!1つだけ! とうるさく

”これだけは気になる” を乱用するので

旦那が、これだけが多すぎるわっ!!
と、突っ込む。


ほんま、その日だけでも
これだけこれだけを 何度連呼したことか!!(笑)
もう絶対、住宅会社の人たち 影で文句言ってるんだろ~な。
言うよな....当然.....




散々、自分の主張を繰り返した後は必ずこの決めゼリフ!!




ああ....疲れた....

こんなん苦手やねん。

私たちは人生も残り少ないねんから

若い人らが決めたらええのよ...全く....

なんでもええのよ.....








・・・・・・・!!!?

空耳だったかもしれない。

疲れているのだ.....



しかし、そのまさかの発言を
裏付けるように彼女は.....



キッチンは、二つのメーカーで迷っている。
ショールームで実物を見て決定することにしようと
話し合っているときのこと



もうええわ...

キッチンも、あんたらが決めや。

私は、もうええわ....


ほんま疲れたわ。
なんでもええねん。


住めたらええねん。

住めば都や・・・・・!





isseitukkomi.gif









住めば都や~~♪



isseitukkomi.gif







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : 家作り日記
【genre : ライフ

棚からボタモチ、義母はハンカチを噛む 1

先々週、クロスと外壁の決定。

クロスは、種類がたくさんあるのであらかじめサンプルのファイルを渡されており
それで、候補を選んでいて欲しいとのこと。

ファイルは、2種類 標準に付属している壁紙(追加料金なし)と
標準の物より、1m²あたり150円ほどの追加料金がある、高級編である。



私は、そういうのを 家で眺めるのが大嫌いなのだ。
カタログとか、後で見ようと思っても絶対に見ないタイプ....
まあ、しかし もちろん 標準の中から 適当には選んでおいた。

色は、真っ白。
素材は、織物風、塗り壁風、石壁風、和風 くらいしかなかったので
塗り壁風にしておいた。
天井は、埃がつかないように、なるべく凸凹の少ないものくらいで
本当に適当に選んでしまった。


どうしてかって言うと、カタログを見るのも嫌いだけれど
結局は、すべて義母の言うとおりの物に変えられてしまうのは
わかっていたので、それならはじめから夢など見てはいけない。
変に、予定をたてて それを覆される悲劇は耐え難い。
はじめから、自分の意見は通らないものだと思うのがコツだ。


え? なんのコツって?


d0412.jpg


嫁姑円満のですがな。




打ち合わせのペースは、なかなか進まなかった。
もちろん、義母が 自分の置きたいタンスの為に広げた壁の話や
そこにつけたい窓の大きさや、その辺のことが自分の思うように
行かなかったのが原因で、また先週の状態に戻っている。
今週は、壁紙や、コンセントや、外壁を決めなければならないのだ。



では、まずは お二階の壁紙から決めておきましょうか~


インテリアコーディネーターさんの提案で
2階の壁紙から、決めていくことに....


義母は、こちらの様子が大変気になる様子。

隙あらば、乱入したいと 椅子に斜めに腰掛けて
身体をこっちに傾けている!!

もちろん、いつでも突っ込みOKの体勢である。




00000595954.jpg

こ.....怖いです。




壁紙は、簡単に決めてしまっていたもので
すぐに終了してしまった。

2階は、ほとんど標準もので トイレには水に強い方がよかろうと
高級編からチョイス。

そうそう。
寝室は、一面のみ 高級編よりアジアンな雰囲気のものにさせてもらった。





肩で息をしながら、義母がすっ飛んで来て


私、これがいいの~~~!!!!


と、主張した時には、すでに2階の壁紙は決まっていた。



aruyo.jpg



悪いな....2階は決めさせてもらったぜ。




2階は、もちろん、私たちの居住空間であるので
決まってしまった以上は、仕方がない。
しぶしぶ、1階の和室から壁紙を選んでいく義母。





私....そうねえ.... これにするわっっ!!!




義母が指差す先には....先には.....



これって、わざわざ こっちのファイルから選ばなくても
標準のファイルにもあるよね.... と
インテリアコーディネーターさんと、私が話していたあの壁紙である。


それでしたら、これと同じタイプになるので
こちらから選んでいただいてもいいかもしれません。


と、すかさずインテリアコーディネーターさんが進言。



ううん、これでいいわ~♪


義母は、もちろん譲りません。




仕方がないので、そのままリビングの壁紙へ





私ね~緑色がいいのよ。

綺麗な緑色の壁紙はないかしら?







ほら、私 方角が気になりますでしょう~ 

オホホホ




そろそろ、義母ワールド全開である。
今回はじめて参加されたインテリアコーディネーターさんは
しばし、圧倒されて 何度も言葉を呑み込んでいた。

口を開き、何か言おうと息を吸い込むのだが
義母に言葉を被せられ
何度も、そのまま口を閉じてしまう...気の毒な状態だ。


ええ、緑の壁紙ですね....
そうですね、これはいかがでしょうか?



いや....無いのだ。



義母の望む緑の壁紙がないことを私は知っていた。

だって、彼女は ペパーミントグリーンの壁紙にしたいって

言ってたんだもの!!


緑っぽいものと言えば、和室用のと
草木の模様が入ったのと、ストライプのと
派手な柄のものがいくつかあるけれど

ペパーミントグリーンの無地はなかった。


どうするんだ~!?




続く





舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : マイホーム
【genre : ライフ

棚からボタモチ、義母はハンカチを噛む 2





ペパーミントグリーンの壁紙を義母は

シュッとした緑 と表現した。




あの、シュッとした緑ですねんけど.....




※シュッとしたとは、関西人(主におばちゃん)が多用する
  格好がいいなどの意味があると思われる言葉であるが
  壁紙に使えるのかは、定かではない。





インテリアコーディネーターさん、建築士さん、営業さん







m.jpg





一斉にキョトンだ。






私は、以前、義母の「こんな色にしたい」を聞いていたので
ペパーミントグリーンだと住宅会社側に通訳してみた。

すると....やはり残念ながら、ペパーミントグリーンはなかった。



義母は、恐ろしく切り替えの早い人間である。




何色にしようかしら♪♪~?


早くも次の壁紙の候補を選び始めている!!




269246769_0936ef93e0_m.jpg







しかも、色つき!!



269246769_0936ef93e0_m.jpg





ここは、南の部屋だから 緑にしたかったんやけれど
ないなら仕方がないなあ.....
東南は、オレンジやし オレンジが.....




ほら...やっぱり、オレンジって言い出したよ...




私だけが予想していた一言だった。



またしても少々引き気味の住宅会社側のリアクションに
何か不安を感じたらしい義母は


何がいいと思います?


と、アドバイスを聞き入れる可能性0%の質問をしてみた。



コーディネーターさんは


そうですねえ..... リビングでしたら 圧倒的に白が多いです。



と、答えた。





白....白は、あかん....
汚れが目立ちますでしょ?
好かん好かん。



ほんなら、これにしよか!?


義母が選んだのは、白っぽいベージュ。
柄にもなく妥協したのではなく
ただ単に、南と東南の共通のカラーが
ベージュであったことを思い出したからのみの理由である。


これに全部出来ます?


廊下から、玄関から、天井から全部これに出来ますか?




と、白っぽいベージュを指差し、義母は聞いた。



無理ですねえ......

廊下は、階段と繋がっています。

階段は2階と繋がっています。

要するに、1階も2階と同じ壁紙にしていただかないと
都合が悪いってことになります。






じゃあ、私が選んだベージュを

2階もつこうたらええねん!!






ナヌーーーーーーッ!!?




それは....それは.....

マズイ展開になってきたぞ~!

この辺でバシッと言うたろか!?思わず

旦那の肩を叩いてしまった瞬間




それは、難しいですね。
2階がこの色の壁紙を使うとなると、全部決めなおしていただかないと
なりません。非常に効率が悪いです。




コーディネーターさんが言ってくれたので、助かった。



コーディネーターさん...更にこんなことを



2階で選ばれた壁紙は、家の雰囲気にも合ってますし

部屋が明るくて広く見えます。

何より、汚れがつきにくいです。

階段から、1階の廊下まで 2階のもので統一させていただきますね。


↑ちょっと強引(笑)



不満げな義母に、旦那が追い討ちをかける。



好き放題言って来たんやから、壁紙くらいは
プロの言うこと聞いておきや。
和室も、水周りも、1階のリビングも、好きな壁紙選べるのだし。





とうとう、義母は 了承した。



はじめて、私の意見が通った記念すべき瞬間だった。



こんなことなら、もっと ちゃんと見て決めれば

良かった~!! 



後の祭りである。




追記

25日の朝にアップしたこの記事のタイトルを間違えて
”シュッとしたあれ”としていました。
続き物であったことをすっかり忘れていたためです。

棚からボタモチ、義母はハンカチを噛む 2に訂正させて
いただきました。






舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : マイホーム
【genre : ライフ

お.....おぼえておれよ!!

玄関脇にある照明を選ぶ事になった私達。
私達が希望するタイプは2種類のデザインから選べました。
円柱タイプと 平面的なタイプ どちらもシンプルモダン。
正直どちらになっても いいかなぁ~と言った印象。
可もなく不可もなく…

義母が
あんたっ! どっちがいいっ!?
私にはわからへんわ!! と聞くので

どちらも同じような雰囲気だし・・・・
それなら値段が二万円近く安い円柱タイプがいいなぁ と思った私は
円柱タイプを指差し こっちがいいかなぁ~と私は思います。 と言ってみた。

....と同時に、すかさず
お義母さんは どうですか? どっちがいいですか? と、聞いてみた。

義母は
私はどっちでもええねんどっちでも…

なぁ! (私の旦那に向かって)
あんたは どっちがええ?





この もっさりした方?(円柱)と
シュッとして(平面)綺麗な方 ?






ゴルァァァァァァ!!
マチ、心の中で義母にドロップキック






お.....おぼえておれよ!!







追記
もっさりした方?シュッとした方?の質問を義母がした瞬間.....
その言い方だと、選択肢は1つしかありませんねえ~
と、スタッフさんまで大爆笑!!
義母本人は、周囲がどうして笑っているのか
本当の意味はわかっていない様子。ほんまにとぼけた母である。
頭に浮かんだこと、すぐに口に出すから
こんな展開になるんだってば(笑)




舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : マイホーム
【genre : ライフ

アタイノ 意気地なし

今年の運動会は旦那が欠席。


最近の運動会ってのは、お昼は子供と別だしね
子供のお弁当さえ作ったら
1人で家に帰って食べてもいいのだけれど~

と、思っていたの。




義母さえよろしければ.....



なんたって、UV命の母は、手袋に日傘に大変なのよ...
あ。。。忘れちゃいけないのがサングラスね。
毎年、誘って20種類ほどのおかずを作ってさ
彼女のためのパラソル運んだり
椅子をいくつも運んだり
してるんだけども


そうそう、毎年 9月でもさ
日差しが強い訳よ.....

炎天下の中で、お弁当を食べていたら
とにかく毎年義母がこう言うの。



家に帰って食べたらええねんなあ。

そうしたら、あんたも 朝早くから
こんなに大変な思いしなくてええのやから
来年から、そうしよう。
めいめい、家に帰って食べたらええねん。




今年は、旦那もいないし
場所取りもできないし


だったら、
毎年義母の口から出るあのセリフ

に甘えてみようかと....



お義母さん、実は 運動会なのですが.....
主人が仕事で来れなくてですね....



あら、そう!
お父さん (義父) も仕事なのよ~



(こりゃあ、天が味方したかっ!?)
今年は、お昼は家に帰って食べてもいいかな...と
思うんですが、どうでしょうか?



そやそや! そうしたらええねん。


・・・・・・・・・せやけど、あの子らが出る種目は
午後もあるんやろ?




ふふふふふふふ.......



私の意気地なし~~~~~~~~っ!





ochiru.jpg





やっぱり、子供の分も作りますし
2人分くらい増えても一緒ですからね~
作って行きますね♪





と思わず、口走っていたとさ。









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : マイホーム
【genre : ライフ

その口縫うたろか!?

邪魔だったのよ.... 日傘がさあ......

あ...運動会の話ね....

ちなみに UV女王の義母は、その名にふさわしく完全防備。






完全防備なので


uv2.jpg


こんな感じでも










uv1.jpg


こんな感じさえでもなく
(日本語おかしくなっています)









kanzaboubi.jpg






こんなんで現れちゃいました~~~










!!!!!?????????



2177151755_697509f175_m.jpg





ってか、どこでお買い上げ!?



ってか、なぜにその上、日傘!?



ってか、どなた!?











1番前を陣取って置きながら、日傘は困るのよ....


注意をしようと、後ろを確認......





い.......いな.....い。




うちの後ろ、いませんでした。

まあ...もともと 人数の少ない学校なので
好き好んで、日傘仮面の後ろに来なくても、他にも場所はある訳で...



義母.... 椅子などに座る人が地面に差すパラソルかっっ?ってほど
大きな日傘を差していまして
いや、ちょっと大袈裟に言っちゃいましたが

気を利かせて、私の頭上にも日傘が来るように差してくれるのですよ....



それが、ほんの少しの気遣いなので
私の顔にダイレクトに当たってくるのですよ。

しかも、義母は 後ろに人が座っていると思っているので
限りなく低く頭につけるように、日傘を差しているわけ。
もちろん、わたしの頭にも日傘は密着していて


ツバのある帽子は、懐かしいジュリーのように傾き

傘の端っこで顔が何度も押し潰され
1人満員電車で窓を顔につけてる人みたいになっちゃうし


傘を丸めて止めるあれ、何ていうの?マジックテープとかボタンのやつ!
あれが、顔の真ん中にユラユラ~ユラユラ~
揺れてるだけならまだしも、目に入るしっ!!


目にいつ入るかわからんから、怖くて怖くて

私、左目つぶったままやしっっ!!!



片目つぶって、運動会観戦って.....

新婚夫婦に贈る言葉じゃあるまいし

ほんま.... 疲れたのなんのって.....



とは、いえ 義母もこのいでたちが恥ずかしいという
人並みの羞恥心は持ち合わせてはいるようで....





○○さんに会っても、私やってわからんやろからええわ。
これで、私やってわかったら恥ずかしいけどな~!!!





私と、義父が 隣にいるので

みんな、誰かわかってますけど!?




後ろから、ババ友に声掛けられて
あら...なんでわかりはったんやろ!? て.....
本気で、言ってますからね....


挙句の果てに、こう言った。





あんたらも、顔隠してくれたらええねん。

来年は、この(顔がすべて隠れるサンバイザー)帽子

何個か買うておかなあかんわ!!!









kougi.jpg



その口、縫うたろか?


おう? そろそろ縫うたろか?














舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

義父母 驚愕す!!

最終的な金額に予算が200万円ほど足りない。

私たち夫婦は、結局借りれる限界まで借りることになったが
それでも200万どうしても足りない。


それなのに、頭がおかしいのか?

義父母は、密かに住宅会社に連絡を取り
庭をもう少し広げたいと、勝手に要望。
いつの間にか、プラス30万円。


義父が、車庫の奥に棚を作りたいとしつこく
どんどん、車庫は建物の下に掘り込んでいく形に....

アルファードクラスの車が止まる奥行きにプラス1メートル以上のスペースを確保。

奥行きの深い棚は使い勝手が悪いと周囲が言っても
今のガレージでは、奥行1メートルの棚を使っているから
これより薄くなるのはいやだと、絶対に譲らず。

その棚の奥行をせめて60cmにしてくれれば
それだけで40万円は浮くみたいなんですが....

ちなみに.....
結局、1番の削りどころ 屋根を20cm伸ばす計画が
ダメになるくらいなら、家を建てるのをやめると言い出す始末の義母。




おう!いつでもやめたらあ~!!

こちとら、好きで同居するわけちゃうしなっ!!




と、言いたい気持ちを抑え

黙って、義父母の最終プレゼンに付き合う。




細かい性格の義父が、自分達の資産を包み隠さず
(いや...隠しているかも)
プリントしてきて、説明。


○○銀行定期預金 ○○円

○○銀行普通預金 ○○円

etc

etc

etc







義母年金  ○○円

義父年金  ○○円







onegai.jpg



ワタシラには、これしかない。

これからは、この年金の中で 

ギリギリの生活をしていくこととなる。




senba.jpg



お....お父さん........!!

もう、私たちにはこれしかありませんもんね....

もう、これ以上は とてもとても


年寄りをこれ以上いじめたら罰があたりますよ..

.ううううう








odoroki.gif




旦那: 


な......なにぃィィィィィーーーーーーーッッ!!?






daiso.jpg



あたし:

はあああああああーーーーーっ!!?





ちょっと、落ち着こうか.....

確かに、確かに、資産は少ないわね。ええ、それはわかったわ。

これ以上出せないって言うのもわかる。


ええ、わかるわよ。


だったら、それに応じた買物を考えましょうよ....って
初めから、何度も口を酸っぱくして言って来たことも
とりあえず、一旦飲み込むわ。



だって.....だって......




あなたたちが爪に火を灯す生活をしなければならないという

2人の年金の合計額.....




うちの旦那の月収はおろか....


私のパート代を足した金額よりも大きいのですからっっ!!





bikui.jpg






ってか、義母は 共働きじゃないからね!

専業主婦だからね!!

それなのに、それなのに

合計額で負けちゃってるうち....大丈夫かっ!?



なんとしてでも、息子夫婦にお金を引き出させ
自分達の欲望を満たしたい義母は、高いプライドを捨て
すべてをさらけ出し、その結果おいおい泣きだした。


senba.jpg



ここまで私たちがさらけだしてるんや!!

あんたらも、年寄りイジメはやめて

さっさと 金だしなはれ!!

月○○円のローンくらい何とかなるやろ!!?





onegai.jpg


どうか....ワシからも頼む....





odoroki.gif


おとん、おかん.....

無理なんやっ!!

とても、言いにくいのやけど.......






daiso.jpg




うちの収入、2人合わせても


おとうさん、おかあさんの年金の合計に


及びませんねん!!!






................................!!!!!!


hai.jpg






................................!!!!!!



hai.jpg



hai.jpg


hai.jpg


hai.jpg







今更、息子夫婦の収入を知った 義父母!!


さて、どう出る?




つづく









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : マイホーム
【genre : ライフ

若いんだから 金 出しなはれ

前回までのあらすじ



どうしても、自分達の思いを実現したい義父母は
私たち夫婦に、限界までの借金を要求!!

更に....月々のローンの増額まで.....


zenkainodotabata.gif




しかし 自分達がいかに不幸な老人かをカミングアウトしたものの


息子夫婦の収入が、自分達の年金より少ないという


衝撃の事実に ドン引き!!



hai.jpg





どうなる うちのいえ !!





まさか、2人が私たちの収入を知らないとは思わなかった。

私は、てっきり旦那が話しているもんだと思っていたし
1○回の転職している旦那が
まともにボーナスももらったことなければ、昇給だって
していないこと、想像つかないのだろうか?

しかも、借金もある。


旦那は、とりあえず 家計簿を見せ
自分達が払えるローンの限界を説明する。
もち貯金ゼロのプランで。

私には、持病があり いつまで働けるかどうかわからない。
限界まで働くつもりだが、それでも
数年後の保証がない。

しかし、うちが家を建てるには
旦那の給料じゃ、ローンを払えない。
私の収入で、ローンのすべて賄う状態でないと実現しない。


そのことを説明し、 旦那は そんなリスクは背負いたくないこと
この計画には無理があること
最小限の間取りで、要望もすべて聞かずに建てて
それでやっと建てられるのだという説明をした。




すると.....



若いんだから.....働きなはれ.....


oiuchi.gif



若いんだから....出しなはれ.....





と、口をとがらせ囁く始末...





実はね、初期段階で 私と義父母の3人で 車庫の話は
したことがあったのね......
普通の屋根つきのカーポートにするのと
上を庭として使える掘り込みとで迷っているけれど
誰だって、上を庭にできる方がいいに決まってるじゃない。

私だって、それが出来たらいいと思う。

でも、数百万円のアップじゃ、土俵にも上げられないの。

じゃあ、そもそも 高いメーカーで家を建てないで
地元の工務店に....って思うし
じゃあ、他に 言ってる要望を諦めて...って思うけど
それは飲み込んで....
自分の夢っていうか、この人たちは、家を買うのは人生2度目だけど
それなりに、夢もあるし 夢をみるだけ頑張っても来たんだろう。

大袈裟に考えればこの人たちがいなかったら
わたしの子供たちも存在しなかったわけだし
私は、子供達に出会えた感謝の気持ちもこめて
何とかしてあげたいと思ってたし、無理の一点張りの旦那に
何度もかけあった。

この欲張り!! って 何度も思ったけど
心のどこかで、かわいい奴め! 仕方がない奴め!!
みたいに思っていたし だから 本当に申し訳なく思っていたのです。


それくらいドーンと出してあげたい。
何でも好きなこと言ってね!
収納だって、屋根だって....そんな細かいことで
ぐちゃぐちゃ言いたくない。



だから、自分が情けなくて 目の前の義父母が小さく見えて


私は、申し訳ないと....

私たちに多少の犠牲があろうと

2人の思いは、なるべく反映させる。

でも、ガレージは恐らく、そうあがいても無理だろうと....
こんなに不甲斐ない自分達で申し訳ないが
この先、私は出来る限りのことはしようと思っていると
言いながら、泣けてしまった。

泣いているから、大目に見て欲しいとか
ガレージを諦めて欲しいとか じゃなく
だから、悟られないように
頭を下げてすぐにトイレに駆け込んだ。

でも、自分の中では それほど

申し訳ないと......
何とかしてあげたいと・・・・・


思っているのにも関わらず


こちらの事情は一切無視で

金さえ出して

飯さえ作れば
(こさえてくれれば←義父がすぐに言うこの言葉大嫌い!!)
いいロボット

くらいにしか、思っていないのだろうな....と


私の飯は旨くないが、義母は料理が嫌い

唯一の救いはね....

多分、これが 私が嫁だから ではないんだよね。



この人たちは、自分の子供に対してもそういった所があるから。

滅多に外食に行く家じゃなかったみたいなんだけど

旦那か、姉が 修学旅行とかそういう時に
1人減ったからといって、外食に行くような家だったらしい。
なんじゃそら~(爆)


そら、うちの旦那が 子供をどうやって育てていいのか
家族にどうやって優しくすればいいのか
家族団欒ってなんなのか?
他にも色々、自分さえよければいい という行動を
悪気無くしてしまうのか

わかるような気がするわ....


ほんでもって、変な私が 
こんな変な親子のところにやってきたのも頷けるわ。


うちは、まったく正反対の環境だったからね.....


両親共に、面倒見が良い親分肌。
毎日 誰かしら知らない人と一緒に囲む食卓。

宅配便の兄ちゃん、集金のおっちゃん、隣に来ていた
工事の人々や、学校の先生
外人や芸能人、スポーツ選手まで。

みんな、父や母が連れてきてしまう。


スピリチュアルな世界では、自分に足りないものを持っているとか
自分が修行するために、そのような家族が集まるっていうんだよね。

そう考えると、自分がここに来た意味を感じることができる。


さて、どうすべきかな。



家を建てる方向で、みんなが納得する道はないものか....

と、考えていた私の目の前で 事件は起こった



さらに どうなる !? うちのいえ!!




舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : マイホーム
【genre : ライフ

あ....悪代官が、そこに.....!!

前回までのあらすじ

私たち夫婦の衝撃の収入を知った義父母は

zenkainodotabata.gif



hai.jpg


一度はひるんだかのように見えた....



しかし、 まだ 強欲の炎は燃え尽きない....




kenedashina.jpg




働きなはれ.......

金出しなはれ.......


若いのだから....... フフフフ......


若いのだからああああああああ...




tasuketekurei.jpg




もう、私たち40歳です~~~

ローンを組むには....もう若くはないですうううううう~~~~




はっ.....!!!! 夢!?

夢だったのかしら・・・・?







前回のあらすじ  長っっっ!!! 









旦那の携帯が鳴った。

雰囲気的に、義母か義父からのようだ。



出来ることと出来ないことがあるねん

無茶苦茶言うなよ....

それは、わかってるけど 難しいと思うわ....


金は、もう限界やって。
俺ら、手を挙げるしかないで.....
途中で払えないのは目に見えてる。





はっ!? 遺産?


何言ってるんや!? そんな 不確実なもので
人生賭けれるか!?



もうええわ。

この話はやめにしたらええ。



別に住むところが無いわけちゃうしな。
もうええわ。 終わりや。





実は、私は 旦那の代わりに何度も何度も義母から聞いていた。




旦那は、危ない橋を渡らないタイプ。
しかも頑固な性格なので、旦那を落とすよりも
私を落とす方が得策だと、義母は連日私にアタックをしかけておった。



親がどうして、子供にそんなリスクを負わせますか?
ちゃんと、考えがあるのですよ....
絶対に悪いようにはしません!! 

だから、私の言うとおりに 借りてちょうだい。
お金を出してちょうだい。

お願いしますよ....

はじめに、整えるようにしないと
一生後悔しますよ。

後悔するのは、あなたたち夫婦よ。


私たちなんて、すぐに死ぬんだから....
生きて10年よ。
すぐに、あななたちのものよ。

だから、出来るときにやっておきなはれ。



18.jpg


義母は涙ながらに語った.......




死んだ後には、遺産も入るし

ローンは、それで何とかすればええ。



義母は、そう言っていた。




でも、今回 お義母さん達も 約半額の出費があるのだから
遺産なんて、残らないでしょう?
それをあてになど出来ません。
私たちで、何とかします。



















でもな、マチさん

もう一つあるねん....


















akudai.jpg



わたしの、おじの 遺産がな.....






悪代官が、そこにいた.....





つづく








舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

家族間マルチ商法。ピラミッドの頂点はやはり義母か?!!

確かに、義母には生涯独身のおじがいる。
おじは、80代で 親戚は義母と、義母の妹くらいしかいない。
すなわち、遺産は義母姉妹で分けることになるとは
思うが、その遺産を今から義母は当てにしていた...


そ....そういえば

おじは、ここから車で数時間もかかる場所に住んでいるのだが
義母は”今から、アピールしておかなあかんねん!!” と
いつも言いながら、おじの家に足繁く通い
私達夫婦からも資金を調達し、贅沢な贈り物を送ったりしていた。
その度に、おじから現金が届き、私たちの所にも
娘達の進級祝いだとか、誕生祝いだとかの名目で
それを頂く機会があったのだが,あんまり嬉しくない。
嬉しいけれど嬉しくないという、いつも微妙な気持ちに
させられる.....。

なぜなら.......
例えば、2万円を頂いた時には


マチさん、おじは果物が好きや!

中でも、マンゴーが大好きやねんて!

お礼に○○百貨店に行って、マンゴー送っときや。


という、指令が出た。



もちろん、私は 義母の指示通りに
○○百貨店に出かけて、マンゴーを物色........


メキシコ産なのか? 宮崎産なのか?



送れます? メキシコ産.......

この場合.....宮崎産ですよね....

百貨店まで指定されておいて....



1つ1万円でした。

1つ1万円のマンゴーを2つです。

2つが限界です.....


1つだけ送るなんてことは出来ませんからね....

プラス送料......

しかも、2万円が届く前には
おじさんへの贈り物代、2万円徴収されてるからね。


結局、2万数千円の出費になっちゃっているという。



新手の詐欺か!?(新手ちゃうか....(笑))




しかも、このマンゴーには 私と旦那、大爆笑のオチが....!!


マンゴーが届いたと、喜ぶおじからの電話にて



おじ: マチさん、この度は結構なものをいただいて.....

マチ: いえいえ。こちらこそありがとうございます。


おじ: 実は、この世の果物でマンゴーが一番好きなんです!!

マチ: それは、良かったです。
(喜んでもらえなかったら、数年間笑顔を忘れそうだ.....)


おじ: 早速ね、勿体無いので1つだけ.....ジュースにしていただきました。







unani.jpg






ジュースというのは、空耳か?





おじ: サイコーに美味しかったです。








mango.jpg






それは、さぞかし トロピカル!!!





おじ:朝からとっても元気になりました。




ti2.jpg






そ・・・・・・それは、何よりです。


七福神にいそうな、ありがたい穏やかなおじの顔を思い出すと




1.jpg





何も言えねぇ.......。





おじさん、ほんまに長生きしてね。


義母よりも一日も長く(笑)






のちに、叔父は多額のお金を
振りこんできていたことが発覚!!
どのような内訳なのかはわからないが
確実に、2万円ではなかったのは確か。

おじにお礼の電話をした時に、遣い道を聞かれたので
上の子に自転車を買おうと思っていると、言うと
おじは、自転車どころか軽自動車だったら
新車で買えますな(笑) 
今回は、入学祝も兼ねていますので
まあ、有意義に使ってください。とおっしゃった。

うちの旦那は、この経緯を知ったら
絶対に怒るだろう~
何で、そんなに大金をもらわないと
(恵んでもらわなあかんの?)
自分らが、食う分くらい稼いでるわ! ←ほんまかっ!?
お前、これ 返して来い!!
って言うのは目に見えてるから
いいんだけど.... どっちみち、うちのモノにはならないってことで。


おじの性格、資産から考えて
おそらく、相当の額が振り込まれてきたのだろうが


うちには、2万円。

いつでも、2万円。



そして、お返し 2万数千円(爆)






つづく










舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

人は変えられない... と、ランキングについて

彼女は、一時期 とある商売をしていた。
美人で、人当たりが半端じゃなく良くて
気遣いに溢れている彼女は
それなりに成功していた。

でも、その頃 しょっちゅう言っていたのが


人の顔が、金にしか見えん。だった。



ほ~ら、お金が歩いてきた。 けけけけ.....

と、お客さんを遠くからそう描写した時には、さすがに引いたけれど


少なからず、人間ってそう思っている訳で.....
心の中を見せないようにしているだけで
口に出さないだけで、もっとひどいことを考えている人も
いるのだろうし......

私は、そんなことを言う義母を尊敬は出来ないけれど
人として、大嫌いな行為だけれど
私に対して、裏も表も無く、正直に接してくれているのは
悪くないな...と思った。
彼女は、とにかく見栄っ張りのプライド女だから
絶対に、自分の本音は見せない。それはそれは見事な演技をする。
彼女と接して、嫌な気持ちになった人などいないんじゃないか?
って思う。
少なくとも、人と関わるのがあまり好きではなく
愛想のひとつもできない私の方が
よほど人に不快な思いをさせているだろう。


いつでも、悪い部分だけじゃなく良い部分も見つけたい。
それは、私が勝手に心がけているだけで
相手に期待してはいけない。

わたしがやってるんだから....やってほしい。

そう思ってはいけない。




斉藤一人さんの言葉を i Googleのコンテンツに入れておき
パソコンを立ち上げるたびに目にするのだが

人は人を変えられない

相手に絶対期待しない

相手を絶対変えようとしない

自分が正しくて、相手が悪いと思わない


彼の言葉とか、仏教の教えとか、そんなことを聞く前から
40年近く生きていれば、それくらいは悟って日々実践していますがね...


これの大切なことってさ.....



カーッとなった時  に


いかに冷静に、その教えを守れるか? ってことなんだよね(笑)




でね、もう一つが





身内にも、冷静に考えて物が言えますか?


 ってとこだよね...


この二つ....
絶対に無理なんだな。

カーッとなった時には、もう止まらない。
普段我慢しているだけに余計に手がつけられない。
自分で、自分が怖いぐらいだ。

身内には、特にむかつく要素が多い。
他人なら割り切れることでも、一緒に生活をする身内には
何が何でも、直して欲しいとか、不快だからやめて欲しいとか
些細なことから、重大なことまで あるんだろうなって思う。


でも、日々精進します。




ブログはお休みも閉鎖もしませんが
仕事や、その他の多忙のため 今までのペースで更新することが
難しいかもしれません。

さらに、コミュニケーションが苦手なわたしにとって
色んなサイトにお邪魔してコメントを残すのも難しいです。
(.....というか、今までもほとんどしていないくせに....(笑))


そして、これが1番の理由なのですが
ガレージやその他の話し合いに 先週末ケリがつき
”うちのいえ”本契約に向けて動いております。
すると、 写真を載せたり 具体的な話もするわけで
あまり多くの人目につくのも、望みません。


そんな事情から、ランキングに参加することをやめま~す。
せっかく1位になっていたのに、何だか残念ですが
また、気が向いたらフラリと参加するかもしれませんが
”うちのいえ”の今後が気になる方は、また遊びに来てください。
ネタは、まだまだあるので(爆)
それに、同居してからの 第二章も考えています。


あの... 読み逃げ大歓迎ですから(笑)


今まで、ランキングに投票してくださった方々
ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いします。








舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

選挙カーの人たちは視力が3.0くらいなのだ



更新していないのにも関わらず
毎日、見に来てくださっている方々...
ありがとうございます。

家のネタは、正式に契約が済んでからさせて
いただきますが
時間の許す限り、色んな小ネタを挟んでおきます(笑)


************************************







選挙カーが





窓からのご声援、ありがとうございます!!




って、マンションの前で言ってたけれど


マンション正面から見てた私に


手を振っている人は見えなかったわけ。




2177151755_697509f175_m.jpg





ちなみに、私の視力は2.0から最近は1.5くらいかなと....









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



おばちゃんたちの女心

昨年の秋のことだった。

私は36年間ではじめて知った事実があった。



女性の多くは...






自分が若いと..


もしくは若く見えると



思っていることを...





それまで、私はその事実に気がつかなかった。
女性のグループに混じり会話を楽しむ機会は
あまりなかったし
歯科医院は女性の職場だったが、そんなに人数もいないので
比べる対象がなかったのだろう。

そういえば以前、ある方のブログのコメント欄で
とある方が「自分は若く見られる...」と放った一言に
ものすごい勢いで、自分も!自分も!というアピールが続いたことがあった。
みんなそれぞれに、若く見えて女優の○○に似ているという(爆)
あのコメント欄は、今思い出しても最高に笑えるのだが
そこの管理人さんがとっても親しみやすい方で
そこに集っている方もノリがいい。
よって、あれは皆のリップサービス的なもので
本心から言っている人はいないと思いますがね。


私はある飲食店にパートに行っています。
私の勤務時間帯には常時12~15人程の女性が働いている。
年齢層は大体35~還暦過ぎのおばちゃんまで。
(平日の昼間は年齢層高いよ。)

それだけの女性が働いていると、確かに綺麗な人もいるし
年齢よりも若く見える方もいる。
綺麗=若く見える
ということはなく、いくら美人でも相応の年齢に見える人もいる。

***************

ここで、私の話を少ししてみたいと思う。
私は、今まで年齢より下に見られたことはない。
なんせ、小3から母親の身長を超えていたため
(うちの母親149センチ。ちなみに父は183センチ。)
3年生の時点で、小学生と言われたことがなかったのだ。
4年生の時点で足のサイズは24.5センチ。
当時、私の田舎では、そのサイズの靴を探すのも一苦労だった。

そんな背景があったからなのか、もともと気にしなかったのかは
わからないが、私は老けて見られることには抵抗はなかったのだ。
年齢を聞かれて躊躇したことはないし
高校を卒業した頃には、子供相手に「おばちゃんに貸してごらんっ!」
などと、普通に自分をおばちゃんと呼んでいた。

いつしか、人より大きかった身長も止まり
周囲と身長が変わらなくなったが、それでも私は年齢より上に
見られていた。





ってことは...



かなり老けてんじゃんっっ!!





そうなのだ。身長のせいではなく
私は、老け顔だったのだ...あはは。
それに気がついたのは、そう昨年の秋だったのね...遅....


*********************



では、話を職場のおばちゃん達に戻します。
私は先にも述べたとおり、年齢を聞かれて躊躇したことはない。
おばちゃん達に、いくつだったっけ?と聞かれて
いつも36歳です。と答えていた。
私はこのような場合、相手の年齢も聞くことにしている。
とりあえず、○○さんはおいくつですか?
と質問してみるのだ。

すると...

大抵の方は、恥ずかしそうに自分の年齢を教えてくれるのだが
たまに何故か干支を言ったり、あはは...まぁまぁ...のように
答えるのを拒否する方もおられる。




堂々と...アタシ!?アタシ!?


46やで!!



と答えたのは、ただ1人。
松川さん(仮名)だけだったのである。


そこで何度かコミュニケーションを取っているうちに
私はある法則に気がついた。



ほとんどの方は、自分の年齢を口に出した後に
一拍時間を置くのである。
そして、私の目を見る。

私は、年齢を聞いて信じられないくらい若く見えると感じたらとっても驚く!
しかし、歳相応に見えるなあ...と感じたら「ああ...」と言う。
年齢より老けて見えると思ったら「ええええ?」と言ってしまう。

なんてわかり易いリアクションなんだ。
これで、何人の方のご機嫌を損ねたかわからない(爆)

でも、年齢を聞いた後は、何かしらのリアクションをしなくては
ならないようだ。
一拍置いた後のあの目は、確かにこちらのリアクションを要求しているのだ。
しかし、私のような芸のないリアクションなら、ノーリアクションの方が
マシなのかもしれない。いや、でもそれだと無視されてると思われるしなあ...
結構難しい問題だね(爆)

今から、私なりにまとめてみるけど
これはあくまでもうちのお店の女性スタッフが対象で
一般的にはそうじゃないかもしれないので鵜呑みにしないでね(笑)
しかも、地域性も大きいと思うし...なんせ
うちの店は、関西のおばちゃん達だからさ。

自分が若く見えると思っている人は(もしくは、人に若く見られる方は)
自分の年齢をあまり言いたくないということがわかった。
(このタイプがほとんどを占める!)


■若く見えるけどこう見えてもいくつなのよ~と
自分で言っちゃう。

■いくつに見える?と自信たっぷりに聞き返す。

■一応○歳やねん....。
(一応に”若く見えるけど”...という意味が含まれる)

■えええ?思ったより上やで~驚かれるから言えんわ~
(誰も驚きません)

■私、もう○歳やねん~見えないやろ?
(もうって、なんやねん(爆)
あなたの幼少時代をワシャ知らんしっ(爆)知り合ってまだ間もないし(泣))


そして、私が老けていると感じた時に使う「ええええ?」
どっちの意味か確認せずに、前向きに捉える方も多い。
そして「アホやねん...」と付け足す方がこれまた多い。

どういう意味かと申しますと...







おばちゃん:えええ?思ったより上やで~驚かれるから言えんわ~
私、○歳やねん。




私:ええええ?
(失礼ながら実はもっと老けて見える...の驚き)



おばちゃん:アホやねん。私アホやから~頭使わないから若いねん♪



となる(爆)これは
自分の自慢を頭が悪いことにかけてチャラにしようとする
おばちゃんお得意の会話法の1つである。



しかし、たまに「どっちのえええ?やねん?」と聞かれると
私は、窮地に立たされるので(笑)
関西の前向きおばちゃん達はありがたい。
こういう面では関西という地は住み心地がいい。




歳相応に見えると思っている人は、自分の歳を恥ずかしそうに答えるか
干支を言ったり笑ってごまかしちゃうタイプが多い。
昔は、若く見られたんだけどね~
ちょっと太っちゃってね~などと、一言付け足す事もあり。


堂々と言うタイプ...これは少ない。
何たって、私の知る限り松川さんしかおらん。




私と、松川さん。2人にはある共通点があった。


■声が男である。

■パーマが大泉洋である(いわゆるおばちゃんパーマである)

■下の名前が一緒である

そして、最後の共通点が......



歳より老けて見える!!







ひでぶっっっっ!!(泣)



何故、私達が堂々と...そう
あまりにも堂々と、年齢を言ってしまうのか、真相がわかった気がする。


きっと、無意識に



自分はこう見えても○歳なのよっ!




と、逆アピールをしたかったのかもしれん(爆)
全く無意識だったが、そう考えると面白い。









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



髪型ブギ 1





行きつけの美容室には、たいていこの髪型をオーダーしている()。




cSk9JyZR1mBiTGatvxSnPX_styleimg.jpg




私の担当の美容師さんは、このモデルさんの髪型を 
私の顔の周囲にほぼ正確に再現してくれる凄腕スタイリスト。
しかし、私が普段アレンジすると大泉洋チックになるのが不思議

しかし、凄腕美容師は、系列店に移動になったと葉書が来ていた。
車で行こうと思えば行ける距離だが、そこまでの時間の余裕がなかった。

弱冠の不安はあったものの
私は、美容室に行きたいと思ったら最後
その日のうちに絶対に行かなければ気が済まない。
しかも、この髪型は 多彩なアレンジが可能である。
少しぐらい違っても、アレンジ次第でどうにでもなるのだ。
私は、美容室へ向かった。


新しく、私の担当になった女性は、とても若かった。
おっとりした感じで、必要以上に話しかけて来ず(←ここ非常に重要!!)
私を放っておいてくれるのが心地いい。



私は、いつも通りに 上の写真の髪型をオーダー。




いや.....ちょっと待てよ......


せっかくここまで伸びた髪......


襟足をちょい長めにしてみようか.....





a5eNB14HbpZPenQuzItSrN.jpg

注)↑こちらは、見本が手に入らなかった為に似たような画像を使っています




まあ、要するに エアリーな感じよね。
今流行りのエアリーな........






一度流しまあああす!!

お疲れ様でしたあああ!!



お疲れ様でしたああああ




あちこちから、私に向けられる掛け声がする。


一度流しに行っただけなのに
恥ずかしいやら、やかましいやら。




鏡の前で、美容師さんが更に大声で


お疲れさまでしたあああああ。と言いながら


頭に巻いていたタオルを外した。





ハラリ...........







51E2DTN79FL__SL500_AA280_.jpg






いやいやいやいやいや........

ええと.....ですね.....


えええええええ?


えええええええええええええええええ?




気をしっかりと持とう....



これは、何かの間違いである。

濡れた髪だから、ほら....
そうそう!パーマって濡れたらチリチリになるやん。




おそるおそる......もう一度、鏡に目をやってみる




51E2DTN79FL__SL500_AA280_.jpg




ああ....びっくりしたあ。

見間違いだったよ.........




って! 何がエアリーやねんっ!!

空気感まるでナッシングやんけ!!



虫が舞い込んだら最後、出てこれんわっ!!




濡れたからってパンチになるか?


いや、ここはやはり 週刊誌でも読んで落ち着こう。
まだ、仕上げも残っているし
何しろ、乾いた後はだいぶ印象が変わってくるはず。



何しろ、パーマがキツイのは誰の目から見ても明らかである。
美容師さんは3人がかりで、伸ばしにかかった。
ドライヤー片手に頭に足をかけて引っ張る勢い。
必死の形相、汗だくだった。


誰一人として、無駄な話はしない.......
3方向に引っ張られる為に、私の頭はユラユラ揺れて
たまに熱が当りすぎた部分が鋭く痛んだ。






..................................



.................................................




お疲れ....さま....でし......た


さっきまでの居酒屋風の元気のかけらもない。

3人の美容師さんは、静かに 私にそう言った。






鏡の向こうには、シャンソン歌手が佇んでいた。




まさかの戸川昌子風!!

http://talent.yahoo.co.jp/pf/profile/pp16436





なぜに、戸川様かと言えば、襟足が一本だけ縦ロール。
正確に言えば、戸川様は1本ではないが


【図解】


togawasama.gif





とにかく、平凡な主婦37歳に、この髪型は手に負えない......

っていうか、素人でこの髪型が成立するのだろうか......







次回につづく。





マチの運命は.....!?







《画像》

www.rasysa.com さんより
ヘアスタイルの画像をお借りしています 上の2つの画像

パンチパーマは、アマゾンで販売されているカツラ





舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



髪型ブギ 2

もともと口数の少ない美容師さんだったが

声までか細くなり、自信は完全に喪失したように見えた。


私に、後姿を確認させる時には、明らかに目を逸らしていた。


しかし...

後ろ姿は.....案外かわいかった。







よくわからないけど、後姿だけなら とても気に入ったのになあ...
と心の中で思った。



この場で、すぐに直してもらいたい気持ちはあったものの
朝から何時間も頑張ってくださっていた姿を見ていたので
なるべくだったら、我慢したかった。

明日の朝まで様子を見てみよう。

自分流にアレンジしたら、違った印象になるものだから。
(大泉洋になるけどさ。)




思ったより、早く終わったので 友達とお茶をすることになった。

友人は、私の髪型を見て 笑ったりはしなかった。


しかし

前髪にパーマをかけてしまったのはまずかったのではないか?


今までが若すぎたんちゃう?歳相応になったなあ......

お世辞である↑この一言で相当老けて見えるのは明らかだ...




そして

両サイドに クリップみたいなものをつけると可愛いかもよ~!!


と、アドバイスしてくれた。



早速 私は 友人の言うようなクリップを見つけてきて
両サイドに付けてみたが





kamigatainu.gif




人間らしさが、遠のいていくのはマズイ...と感じた。





その日は、そのまま友人と共に、学校へ子供を迎えに行くことになった。


校門では、子供達が親の迎えを待っていた。



6年生のS君は、とても人懐っこい子で、私を見つけるといつも手を振ってくれる。
近づける範囲なら、いつも

モモちゃんのおかあさん~♪
(モモ....次女)

と、声を掛けてくれる。


しかし、私が車から降りると、こちらを指差しながら


先生、誰!? ねえ、先生(あの人)誰!?


と、怯えた様子。



2人の先生は先生で こちらを2度見しながら

モモちゃんのおかあさん....よ。 大丈夫、大丈夫.....

と、ランドセルをトントンしている。





先生....大丈夫て....(笑)  まあ良い良い... 仕方が無い。

突然、こんな髪型に変わっていたら確かに怖い怖い。




せやけど




kamimaumomobikubiku.gif







娘まで怖がってどうすんねんっ!!


毒舌なんて程遠いマルが
(マル・・・・長女)


おかあさんっ!何? 

すごい衝撃なんですけど..........



と、息も絶え絶えに語れば




もう! もうっ!

おかあさん、怖~い~~~~~っ!!

前のにする~~~~~!(前の髪型に戻せ!)

もう!! 恥ずかしいわ。

もう2度と 来んといてええええ!!




と、モモは大激怒。





そこまで酷いのか!?


予想はしていたが、私はそこまで酷いのか!?





早速、私は アレンジに取り掛かった。

だめだ......

このキツ過ぎるパーマは、どんなアレンジも受け入れない。




せめて、縦ロールをちょん切れば普通のおばちゃんパーマになるだろうか?



ビートたけしが、洋服に日本髪のカツラをかぶっている姿と
今の私の状態は近いものがある。


tateroru.gif



縦ロールはたった1本と淋しいが
私の髪型で着こなせる衣装はただ一つ!
ドレスしかなかった。


カジュアルな格好をすればするほど
滑稽に映るだろう。

まるでコントである。



明日の朝....明日の朝になっても

まだ目が慣れず、アレンジができなかったら

美容院に行こう。



私は、そう決めた。





次回へ続く









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



髪型ブギ 3


翌日の朝になった。



マルは、朝からお友達家族と約束をしていた。
友達のお父さんが、わざわざ我が家までマルを迎えに来てくださると
いうので、私は、マルと共に車の到着を待っていた。



到着した車にご挨拶をして、私はいそいそと家に戻った。




マルの話では、その後 車の中ではちょっとした騒ぎになっていたそうな。




マルのお友達のNちゃんは、賢くて控えめでとっても優しい子である。

そんなNちゃんがマルに



マルちゃん!! マルちゃんのお母さん.....どうしたん!!?


と、いきなり切り出したらしい。



しかしだ。おかしいぞ。


人にどうしたん?って聞くのは


松葉杖をついているとか

マスクをしているとか

冬なのに、キャミソール1枚でいるとか



そんなことと相場は決まっているさ。



友達のお母さんのパーマが変だから 「どうしたん?」



は、失礼な話だ。プンプン!!(笑)

今度Nちゃんが遊びに来るときには
Nちゃんの大好きなコンソメ味は買わんと、うす塩にしたんねん...!




Nちゃんのパパも、必死で笑いを堪えていたようだったが


マルが


お母さん、パーマがキツくあたりすぎて

昨日から、機嫌が悪いねん。



その一言で、吹き出してしまったそうだ。



全く!ほんまに失礼な親子だ(笑)








美容室の受付では、とても若い女性がにこやかに迎えてくれた。

彼女の眉毛は、おたまじゃくしに似ていてなかなか個性的だった。



すみません、昨日 パーマをかけて頂いたのですが.....

はい。そうですね.....

彼女がニッコリ笑った。



あのう....そのう..........

なかなか切り出せない。



あ...!そうか。昨日持ってきてた あの写真を見せよう



バッグの中から


a5eNB14HbpZPenQuzItSrN.jpg



取り出したものを受付の方に渡し



受付嬢が、その写真に目をやり
また視線を私の方に戻した瞬間に




私としては、最高の笑顔で
自分の頭を指差した。






51E2DTN79FL__SL500_AA280_.jpg






すると、受付の方は 不自然に鼻の下に手を持って行き
鼻を拭く仕草をした。




ねっ!? ねっ!?


ちょっと、キツイですよねえ......(パーマが)






私は、自分が高名なシャンソン歌手に見えてしまったこと


髪型に合う服を持っていないこと


飾りをつけたら、犬みたいだったこと


子供達に恥ずかしいと言われてしまったこと




全てを打ち明けた。



たった1日の出来事なのに、案外壮大な物語風だ。




受付嬢は、泣いていた。

マスカラが落ちており 目が赤い。

明らかに、泣いていた。



私に同情したのだろうか?





申し訳ございません。

すぐに.....すぐ....ゴホッゴホッ


ゴホッゴホッゴホッゴホッ んんんんんゴホッ!!


あれっ!すみません。

あれっ!咳が、咳が....ゴホッ


奥の部屋で、咳を思う存分してきたのだろう。

それにしても、泣いていたのは

具合が悪いのかもしれない。

大丈夫だろうか....?


大丈夫ですかあ?



私と目が合った瞬間、彼女は 泣き出した。

肩を震わせながら。

もう誰も彼女の暴走を止めることは出来なかった。



だって、私まで一緒に笑い出してしまったからだ。


彼女が笑っていることを悟った瞬間
爆発的に笑けて笑けて、どうしようもなくなった。



とにかく笑った。

何が可笑しいのかわからないけれど

そのシチュエーションが異常に可笑しくて可笑しくて

笑っちゃいけないと思うと、余計に可笑しくて可笑しくて



2人で、声を出さずに ひたすら笑った。


結局、パーマを落として頂いた。

ちょっと勿体無いが、やはりパーマは以前に担当していただいていた

凄腕スタイリストさんに頼むのが懸命だ。




今にして思えば、あの貴重な髪型写真に残しておくべきだったなあ。



(完)





舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



聞きたかねえよっ!!





朝、7時半に電話が鳴った。


こんな時間に、何っ!?

こんな時間に、誰っ!?



電話の相手は、私が引継ぎをした役員さん。




新役員: マチさん.....あの....11月10日なんですが....


マチ:  はい。


新役員:  ........ええと、10月2○日のことなんですが....



と言ったまま、しばし沈黙




マチ:  ・・・・・・・・・・誕生日ですが......。




新役員:  えっ?.................



マチ:  誕生日ですよね? 
       
       10月○日、私の誕生日なんで.....




新役員:  #$%&$‘*+!? 




しばし 沈黙・・・・・・・・・・








新役員:  あ、 おめでとうございます。


マチ:  あ、 ありがとうございます。



しばし 沈黙・・・・・・・・・・・・・




新役員:  マチさん、あの....10月○日 立哨当番になってるのですが

       その日は、○○の事情で、出てもらわなくて良くなりました。




マチ:  あ、はい。わかりました。

       わざわざご連絡ありがとうございます。





しかし、そんなに朝早くから、かけるような事か?
朝の7時半に、そんなことで電話するか?
当日だったらまだしも、まだ先やで。 まあいいけどさ。


何てことを思いつつ仕事へ.....




職場で開店準備中に、ふと 朝の会話が蘇る.....

何だか、間違いがあったような....
そういえば....私の誕生日を伝えてしまった....
変な人だと思われたに違いない!!

↑気付くの遅....



近くにいたNさんに 朝の会話を再現してみた。






ぎゃはははははは!!


 誕生日~~~?


関係あらへんやん!!




一緒にその場にいた2人も




いらんいらん! なんやねん?

そんな誕生日情報

いらんわっっ!!






何の情報やねんっ!!

聞きたない、聞きたない!!




と、非難ごうごうであった。





私、今まで生きてきて

こんなに心の篭ってないおめでとうを言われたのは

初めてでした....。





そう言ったわたしに



当たり前やっ!!!!!




と、一斉ツッコミが入ったのは言うまでもない。









舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



ツッコミたいのはこっちである

テレビでは、TOKIOのリーダーが大袈裟なリアクションを取っていた。

それを見た旦那は....



お前は、城島かっっ!!! と



突っ込んだ。







上島の間違いだと突っ込みたかったが
同じ 土俵に乗りたくない気がして、我慢した。








舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



こぼれていると、こぼしている

koboreikura.gif




お持ち帰りはできません





だってこぼれているから.....だと思う。






この写真を見たモモが一貫200円もするこの商品を注文。




だって、軍艦からこぼれてるんだぜ~?








届いた商品が....これ。








koboretenaiikura.gif







いやいやいやいや.....






oioi.jpg






こぼしてるだけやん








舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

最強のコスプレネタ

私は、早婚。初めに伝えておくが、

ヤンキーではない


子供が出来るまでは、旦那の姉が良き遊び相手だった。


いつの頃からか
遊びに来た彼女を私が面白おかしくお迎えするのが定番になっていた。
凝り性で、暇だった私は一日中

「今度のネタは何にしよう...」と考えていた。

ある日、そのような事を考えながら駅に着き

踏み切りの前に立つと
踏み切りの向こう側の岩に


山伏がいた



岩のうえに腰掛けて、汗を拭く山伏。



まっ..まぶしいっ!


山伏は輝いていた。

次は、山伏で行こう!

私に迷いはなかった。
岩に座り汗を拭く山伏...これは、よい作品ができそうだ。

姉が来る週末までに
私は紙で岩を作り、小さな椅子に貼り付け

山伏の頭に載っている小さな帽子もフェルトで作り

肩からぶら下がっている
ポンポンのようなものもビニール紐で作った。

衣装は、上は着物の肌着。下は白い生地を簡単に縫い合わせて
モンペのようなモノを作った。

そして、白い足袋を履き、足首には包帯をグルグルと巻いた。


準備は万端。






yamabu.gif








私は恐ろしいほど、山伏だった







「もうすぐ行くね!」

電話があった。

実は電話が来る前には着替えていたので
あとは、玄関で岩の椅子に座り汗を拭けばいいだけだった。

私の心は躍っていた。

どんな顔するだろう...
絶対に外すとは思えなかった。

私にとって、最高のコスプレネタだった。

階段を上る音が近づいてくる。

私の鼓動は高まった。
ちょっと震えた。

そして、馬鹿みたいな自分に吹き出しそうになるのを必死に抑えていた。

「ピンポ~ン」

幕は上がった。

この一週間の私の全てを出し切らなければ!



開いてますぞ!どうぞ...


男の声色を使い、できるだけ厳かに言った。

私の声は低い。かなりの出来栄えだったに違いない。


こんにちは~



ドアが開き、声が聞こえた瞬間...私は急いで逃げようとした。



新聞の勧誘だったのだ


遅かった...。
もう、どうしようもなかった。

新聞屋は

明らかに目を見開いたが

何事もなかったように

「来年からの契約、お願いしますよ~」

と、山伏に言ってきた。



私は動揺を隠せなかったが

姉と鉢合わせになると一週間の努力が無駄になるので


主人に相談してみないとわからないし


もう、お客さんがくるので時間がないことを伝えた。


(そのふざけた格好で、主人もお客もないもんだ)



新聞屋は、引かなかった。





他に、どこか考えてる



新聞あるんですか?




山伏にしつこく契約を迫る。






とにかく、今日は...



本当に忙しいんです




この辺だっただろうか...上に住むおばちゃんが、階段を降りて来た。

うちの玄関が全開だったので、新聞屋のおやじと話す山伏の姿が
視野に入り、不思議に思ったのだろう...

そのまま少しバックして、また確認の為にこっちを
覗き込んでいる。

私は急いで玄関の脇のトイレ側に隠れて、おばちゃんが
通りすぎるのを待った。

再び玄関に

もう!今日は無理ですから!

と...強めの口調で戻って来たとき、

新聞屋の後ろに姉が立っていた

姉は山伏を見るや否や、その場に崩れ落ちて笑い転げた。
その笑い声はマンション中に響き渡り、隣の棟の人が
何件も、笑い声の犯人をみつけようとベランダに飛び出してきたり、
窓を開け身を乗り出し、キョロキョロ見渡した程すごいものだった。
笑っている姉を見て、私までどうしようもなく可笑しくなってきた。

マチさん、その格好で

なに普通に話してんの~??



ますます笑い転げる姉。

私もうずくまり、泣きながら

もう話すことが出来ないくらい笑っていた。

新聞屋は、しばらく様子を見ていたがいつの間にか消えていた。
そして、そのおっちゃんは二度と勧誘に来ることはなかった。







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

おくりがなをつけた日

中学生の時の話。

国語の先生は50代くらいの男の先生だった。

漢字の小テストをした後

その先生は1つ1つ解答を読みあげて行く。

その際...先生は、いつも「おくりがな」を読まない。

①○○!②○○!③○○...

大体において、番号も③くらいまでしか読みあげない。

④くらいからは、ひたすら解答だけを読みあげていく...

ある日のこと、いつものスタイルで解答を読みはじめた先生。
何だか数人の男子が声を出さずに、ふざけながら笑っている。

実は私もテスト中に気がついていた。

この解答をあの先生はいつものスタイルで読み上げるのだろうか...
その答えのみに送り仮名をつけることはないだろう。
まだ番号を読んでくれたら、マシだろうが
その解答は後ろの方だった。
番号も読まないはずだ。


どうするんだ~!?

どうするんだ!せんせい!!




私は人知れずドキドキしていた。
私だったら堂々と読むだろう。

そこだけ突然送り仮名をつけたり、番号をつけるのは悔しい。
幸い...その先生は皇室風のいでたちで、喋り方にも品があり
ウケ狙いやなんて人生1度も考えたことのないような
まじめな先生だった。

恐らく、あの先生のキャラだ。
そのまま何も気にせず読むのであろう。

問題の解答が近づいてきた。

ここまで来ると、今まで気がついていなかったクラスメイトも
ぼちぼち期待に満ちた目で先生を見つめはじめた。
気がついていない子に、わざわざジェスチャーで教えている子もいた。
もうすでに肩を震わせている子もいた。

先生は、ゆっくりと問題の解答を読み始めた。
まったく動じる様子はない。
さすがだ...さすが落ち着いている...
顔色ひとつ変えていない。


しかし...そう思ったのも束の間。


先生は、つけてしまった...
送り仮名をつけてしまったのだ...



ます と...


ちなみにその先生のあだ名は代々受け継がれていた...

ハゲ丸...そう彼は、ハゲ丸先生だったのだ。







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : 日々のできごと
【genre : ライフ

お風呂工事は超イケメン!! 貧乏長屋の子供たち

これは、一昨年

うちのお風呂が壊れたときの小話。




ガスの工事といえば、おっさん。

そんな風に思い込んでいた私は、玄関に立つ
180cmはあるだろう長身で、涼しげな目元。
時折吹くいたずらな風に、サラッとなびく髪をさりげなく
直す青年の手の美しさに見とれてしまった。




oh!oh!



こんな..こんなむさ苦しいハウスに


うえるかむ~~~っ!!





ああ..しかし、私は風邪&ギックリ腰で療養中の身...

おっさんが来ると思い込んでいたので
黒い3本線のジャージを履き、上には毛玉だらけのガウンのような
ハンテンのような摩訶不思議ないでたちだった。

い...いかんっ!せめて上だけでも着替えなくてはっっ

必死でタンスを探り
レースをあしらった白いスモックブラウスに着替える。
しかし、私はぎっくり腰...
ジャージを脱ごうとしても、なかなか思うように体が動かない。


あうっ...はうっ...

そうこうしているうちに


すみませ~ん!!



イケメンの声である。


私は途中まで下げたジャージを急いで上に上げて
お風呂場へ急ぐ。


*&%$‘##なんやら、原因の説明である。



宿題をしている娘たちが


お母さん?なんで着替えてんの??




ギクーーーーッ



あ、わかった~!あのお兄ちゃんがカッコいいからやろ??




ギクーーーーッ



マルの指摘はいつも鋭い。
いつも私の方がタジタジになってしまうのだ。



ねえお母さん、お腹減った~おやつください。



モモがマイペースで発言する。





おおそうやな...おやつおやつ...



ないッ...!おやつがない...



そういえば、風邪&ぎっくり腰で買物にも行けていなかったのだ。



2人はぶつぶつ言ってはいたが、宿題の残りをし始めた。



しばらくすると、モモが



もう我慢できないーーーッ



と、冷蔵庫でなにかごそごそやっていた。
そこにマルが合流し
2人で楽しげに、何かを作っている。



その時、私はベランダで洗濯物を干していたので
よくわからなかったが何かよからぬ事をしているのは
わかっていた。

ああ...わかっていたさ...


ベランダから戻ってきたときには、2人が1本づつ
お箸を持っていた。
そして、何か楽しげに談笑しているではないか...




2人の背後の廊下には、イケメンが立っている。





あ。。。すみません何度かお声を掛けたんですが...


ベランダにいたんで聞こえなくて...

と、私が頬を赤らめ...言おうとした瞬間のことだった。




今日はな、おやつがないねん。
だから、モモちゃん






せめて...みそキャンディー



作ってんっっ♪




イケメンにお箸を突き出して見せているっ!

お箸の先には、丸く塗りつけられた味噌が...




マルも一緒になって、これ最高やねん。
味噌キャンディ♪おいしいねん♪



何がせめてじゃ...

何が味噌キャンディじゃ...




イケメンは、明らかに困っていた。


そりゃそうや...


おいしそうやね。なんてお世辞でも言えんし

羨ましいやら、すごいねやら、は明らかに地雷である。




こいつら絶対に...

お兄ちゃんもどうぞ!
作ってあげる!って

言うのは、素人目にも明らかなのだ。




イケメンの中でしばらく、葛藤があったようだが
イケメンは、無視する事に決めたようだ。

賢い選択である。
さすがイケメンである。


私は最後まで丁重にもてなし

イケメンは、部品が入り次第また電話します


と、私にウインクして帰って行った。


....のように見えた。




もう暗くなりかけていたので
私は、寝室の窓を閉めようと...ふと下を見た。

イケメンと、ペアで行動しているのか?
もう一人の人物と、イケ面が車の中でコーヒーを飲んでいた。



コーヒーをこぼす勢いで、相方とイケメンが盛り上がっているのが見えた。

声までは聞こえなかったが、かなりの爆笑である。


うふふ...若いっていいわね。
なんて思いながら、その光景をしばし覗き見していた私...






イケメンが割り箸を上にかざし



そして、相方とその割り箸を見つめて




更に爆笑...






明らかに...うちの娘の真似である。



いつもそうだ...私はいつもこいつらに
こんな思いばかりさせられておる。

せめて味噌キャンディ...


昭和生まれのアタシでもそんなおやつ食ったことないわいッ!









お知らせ

家の工事は、年明け早々着工します。

うちのいえは、年明けにまた再開いたします。




それまでの間、気まぐれに”家に関係ない小話”が
アップされるかもしれませんが(笑)
なので、たま~に覗きにきてくだされ。


それでは、みなさん、よいお年を。



舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

いたずら電話をかけてみた

家族にいたずら電話をかけたことがありますか?

私は学生時代、東京で1人暮らしをしておりました。
同じく、1人暮らしをしている友達と家を行き来しては
変なメイクをしたり、私が作った変な衣装を着ては写真を撮り
(どんだけコスプレ好き!?)
バツゲームとしてそのまま、コンビニに行くような
お馬鹿なことばかりをしておりました。

そんなお馬鹿な友人(マコロン)が、面白いおもちゃを見つけてきた。

その名もヤッホンホン

これは、カラオケ好きの私には垂涎の一品であった。

電池がなくても、エコーのかかる不思議なマイク。
確か値段は1000円くらいのものだったと思う。
マコロンが持っているのが羨ましくて羨ましくて

私は即購入...

お風呂で、トイレで、ベットで思う存分
1人カラオケを楽しんだものだ。

マコロンの家に泊まったある日のこと

起きてテレビをつけると、マラソンの中継をやっていた。
しばらくボーッと観ていた私だったが

ふと父のことを思い出した。

父は、マラソンを観るのが大好きなのである。

ねぇ、マコロン
うちのお父さんってさ~マラソン絶対に観てるんだよ~
マラソンにはドラマがあるんだってさ~
今頃観て、泣いてるんじゃないかな...



マコロンが言った


ふーん。電話してみたら?
電話使っていいよ~会いたくなったぁ??



いや...会いたい訳ではない...

でも無性に電話をしたい衝動にかられた私。


実家の電話番号を押しながら
なぜかイタズラ心がムズムズと
湧き上がってきて、ヤッホンホンを持った。


はい○○です。

母だった。

私はヤッホンホンに向かい、いきなり


マラソン観て

ますか~~~~~~~~~~~????
(↑かなりのエコーがかかっている)

と聞いてみた。

すると...母は



は..はい。観て..おりますが...


と、なんだか歯切れが悪い(当たり前だ!)


私は続ける。


家族の皆さんで、マラソン観てますか~~~??


すると、母は

はぁ...はい...??

少々お待ちくださいませ



と言い、近くにいる父に


お父さん...何だかね

お風呂で話してるみたいな人がね...

マラソン観てますかって...?



父が、代わる。


あ~もしもし?


私は、そのまま続ける...


あ!お父さんでいらっしゃいますか?

マラソン観てるんですか~~~???



父は、私の声に気がつくか
いたずら電話だと怒り出すと思っていた。

しかし、予想に反し


はい...観てますよ~

と父はフレンドリーに答えた。

その時すでに
マコロンはスピーカーにてこの会話を聞いており
声を出さずに転がり回って笑っていた。


私も吹き出しそうになるのを必死でこらえながら続ける



いつも観てるんですか?


父は


そうです~

うちは、たいていやってたら観てますねぇ



何だかようわからんが、私ももう限界だった...
こらえきれない..声が震える




ぐふっ...

ではでは...どうぞ、マラソンをお楽しみください



父が...


あのう...なぜ?声にエコーがかかってるんですか?

もしかして...テレビ!?ですか??

マラソンを観ている家族をお探しですか?



かなりテンションが上がっている様子...

マラソンの視聴者代表はこの俺をさしおいて
他にはいないぞ!
とも言いたい奮囲気さえ感じる。

マコロンは、すでに痙攣を起こしている。
その様子を見て、とうとうこらえ切れなくなった私は...


ブハッッッ!(泣笑)

あたしだよ!お父さん!


ねえ、何言ってるの~???





しばらく、呆然と無言の父だったが


なんだよ~!何いたずら電話かけてきてんだよっっ!!

と、御立腹。

母に

お前の馬鹿な娘からだ!
電話をかわる。

母が

マチだったの~!

なんだかおかしな電話だな~って思ってたんだけど

あんただったの~!



その後ろでは、けたたましい笑い声が...


いや~っすっかり騙された~

なんだ?あの声なんだ~?

うひゃひゃひゃひゃっ!!
あいつは風呂から電話してんのか?
あいつは、ほんまに馬鹿だ。
いくつになっても馬鹿だ!



その後父は、私に会うたびにこの話をしては
お前は馬鹿だ!と言っては、罵っておったが


ある日曜日...うちに電話をかけてきて


俺、今マラソン観てるんだけど・・・

と言ってきたことがあった。

私は忙しかったし
そんなことはすっかり頭になかったので



あ...そうなん!好きだねぇ~!

と軽く受け流してしまった。


今、思えばあれは...アピールだったのだ。

父は、マラソン中継を観るたびに
電話が鳴るのを未だに待っているのかもしれない。







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

白目を剥いてごまかしてみた!



義姉がいらした時のこと。








義姉: 楽しみやわ~ 夢も広がるわ~

    マチさん、楽しみやろ~? 



・・・・・新しい家のことである。




saru2.jpg


全~~~~然~~~~!!




夢が広がるわけがない。


不安はめいいっぱい膨らんでいるがね!




でも、そんなことを義姉に言えるはずもなく

かと言って、「うん」などとは

口が裂けても言えないので





0180.jpg



白目を剥いてごまかしておきました。





しかし、あれやね。


義姉は、自分の姑のことよく思っていない。
もちろん、同居なんてありえないと
言っていたのを聞いているのだが...


自分の両親が、誰かの義父母だってことを

忘れているのか!?



自分の両親は、すごくいい人だから

嫁は幸せね♪ 



と、思っているのだね。




まあ、何となくわかるよね。うん。










でも.......





sod.jpg




多分... 結構...





12345x.jpg




この片隅に載ってもおかしくない感じ...。

ゾゾゾゾゾゾゾ......。



塩まかれた時、一緒にいたはずだったけど...

ま...前向き家族で 良かった。 うん。







舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



【theme : こんなわたしたち
【genre : 結婚・家庭生活

サイトポリシーのようなものとお礼

うちのいえにアクセスしてくださった方々いつもありがとうございます。


本日は、サイトポリシーのようなものと 皆様へのお礼を。
興味がない方でも、最後の”ありがとう”の部分だけでも
読んでいただけると嬉しいです。


コメントについて


FC2ブログには

管理人のみ表示されるという非公開コメントと
拍手機能にも非公開コメントがありますが
基本的に、非公開コメントにはお返事はできません。
理由は、非公開でコメントくださっているのに
その内容について公開でお返事することに違和感を感じるのと
内緒話みたいなやりとりがあまり好きではないということです。


私は、いくつかサイトを運営しておりますが
これは、いずれのサイトにも共通しており
もちろん、公開コメントにはきちんとお返事をさせていただきます。


文章に自信がない、恥ずかしいなどの理由で
やむを得なく非公開コメントにされている方で
どうしても返信が欲しい方は、連絡先と返信希望の旨を
お知らせ頂いた上で、非公開コメントを入れてくだされば
喜んで、お返事させていただきます。


サイト訪問について


仕事を掛け持ちしているので、PCに向う時間があまりありません。
自分のサイトの更新で手一杯で、なかなか他所に訪問する
時間が取れないのが現状です。
訪問してくださりURLを置いていってくださった方のサイトは
必ず訪問させていただいております。
ただし、ご機嫌伺いのコメントや、お礼的訪問コメントが
大の苦手ですので 申し訳ありませんが
あまりコメントを残すことはないかもしれません。
コメントをしたくて仕方がない、時間が取れて挨拶程度ではない
きちんとした気持ちでコメントが書ける状態の時には
ひょっこりコメントさせて頂くと思います。

よって、そのように とても我儘な管理人ですので
このサイトでも コメントは自由です。
読み逃げ推奨サイトですので、お気軽にご利用ください。


私は、何度も訪問しているのに...
私は、何度もコメントしているのに...
マチさんからは返事がない! と思われる方は
きっと、嫌な思いをさせてしまう可能性があります。
ごめんなさいです。


リンクについて


ランキングなどを辿りブログ巡りを一切しませんので
新たな出会いはありません(笑)
そのかわり、ここに辿りついてコメントをくださった方々の
サイトは定期的に訪問させていただきたく思います。
URLを置いてくださった方々のサイトを勝手にリンクさせて
いただいておりますが、もし不都合がございましたら
ご一報ください。すぐに削除させていただきます。

実は、新たな出会いがあって
そろそろリンクを切り出す時期...みたいな
ネット上の暗黙の了解みたいなものが、あまり好きじゃありません。
なので、当サイトでは URLを置いて行ってくださった時点で
(忘れていない限りは)即リンクに追加させていただくことに
しています。(通りすがりさんなどは別) 
リンクされたくない方はうっかりURLを置いていかないように
気をつけて下さいね(笑)


ありがとう


コメントを下さっている方、訪問してくださっている方は
私の状況を踏まえた上で、それでもご訪問くださり
励ましのコメント等をくださっています。
人間と言うものは、無意識のうちに見返りを求めるのは当然ですし
ネット上の”常識”を考えれば、当サイトも
訪問してくださる方がいなくなっても当然だと思っています。
細かいことにはこだわらない、大らかな方々に
心から感謝しています。
ありがとうございます。

それから、FC2の足跡もPCを開く度に楽しみに拝見しております。
なんでこんな素敵なサイトの管理人さんが、私のサイトに
何度も来てくださってるのかしら~? と思うこと多々あり
楽しませていただいております。
私の方は、足跡機能を使っていないので
残っていないとは思いますが、感謝の気持ちを込めて
今日中に足跡を残しに訪問させていただきますね。
ありがとうございます。


2010.1.25日 湖乃平マチ



にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

姑ランキングに参加しています。
応援クリックをお願いします。








舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。



マチ暴れる 1

義姉が訪ねてきて

夢いっぱいの話をしていた時のことだけどね

義姉と義母の信じられない会話を聞いてしまったのだよ...




義姉 いいな。新しい家~ 間取り図見せて~♪

義母 (間取り図を広げながら) 1階は狭くてねぇ...

   収納も1階は少ないねん。









ichikasei.gif
↑ アタシ



今.... 今 なんと........!?




1階は狭い?

1階には収納が無い?






C0030033.jpg

えええええ?




そんじゃあれけ?



2階は広くて

2階には、収納が多いのか?




おんどりゃあ! 

誰が、1階に部屋を広くって言ったんじゃ?

1人1部屋は絶対にいる!

しかも、1人ずつの部屋を持ちながら6畳じゃ足りないって

しかも、いわくつきの怪しげな貰い物のタンスを入れるためだけに

坪単価をどうにか減らそうとしている時に

タンスを入れるスペースを広げ

そのタンスに合わせた、特注の窓をつけたのは誰だ!?



しかも、本当に予算が足りないから何でも削らなくちゃ
ならんと言って、私が 唯一楽しみにしていた
たった1万円のガラスブロックでさえ諦めたというのに
和室は、2部屋とも履き出し窓じゃなきゃあかん
!何度も言うけれど、屋根を長くしろ!
義父母は、とにかく自分の希望は絶対に絶対に譲ることはせず



んぐぐぐぐ......



必死で、我慢している横で



義姉 2階のこの部屋に何でも突っ込んでおけばええんちゃう?

義母 そうやねん。







31.jpg










ええ、我慢しましたよ。


でもね、家に帰ってその話を旦那にしたところ.....




2階に客布団預かることになったから



まだ、読んだことのない方は
この先を読み進める前に
是非、この日の記事をご覧下さい。



http://wonderfulhouse.blog84.fc2.com/blog-entry-25.html



私の地雷が客布団であることは、おわかりいただけたと思う。





つづく


  


舅・姑・小姑ランキングに参加しています
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村


↑姑ランキングに参加しています。
読んだ方で1票を入れてもいいよ♪との方は
クリックをお願いいたします。




全記事表示リンク


タイトル見れば
記事の内容は一目瞭然。

どうぞ、どうぞ、
怖いもの見たさで覗いてみます?


こちらから、どうぞ~!!

全ての記事を表示する





プロフィール


マチ


書いてる人→マチ

★主な登場人物★

義母→たか子
義父→由夫(自由な夫でヨシ夫)
長女
次女
旦那
post.gif メール現在不通








blogram投票ボタン


読者さんのよく行くサイト
あわせて読みたいブログパーツ

フィードメーター - うちのいえ

track feed うちのいえ



検索フォーム

RSSリンクの表示

ユーザータグ

うちのいえにようこそです
初めてお越しくださった方は
コチラをご覧いただけると嬉しいです。↓

さいとぽりし~のようなもの

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
表示はランダムです。
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
月別アーカイブ
素材リンク
当サイトで使用している画像 とイラストはこちらでお借りしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。